企業が利用する資金調達「ファクタリング」とは

1 融資とは違うの?ファクタリングとは

給料ファクタリングの利用を検討する中で

そもそもファクタリングっていつどんな時に使うものなの?いつできたサービスなの?

そんな疑問が浮かんでくる方も多いかと思います。

 

給料ファクタリングのサービスの元である法人向けファクタリングサービスの概要や歴史について詳し解説していきます。

給料ファクタリングの利用を検討される際に是非参考にしてください。

・ファクタリングとは

ファクタリングとは世界では一般的に利用されているサービスで、近年日本でも注目を集めている資金調達方法になります。

企業が持つ売掛金をファクタリング会社に売却することにより、売掛金を早期資金化することができるサービスです。

 

特に入金サイクルの長い建設業や運送業では、広く利用されているサービスになります。

契約上は、ファクタリング会社への売掛債権の売却や譲渡となり、借り入れではないため、審査はスピーディーです。

 

また、借り入れの状況や税金・社会保険料の滞納などに左右されずに契約できるという特徴があります。

・売掛債権とは

ファクタリングを利用する上で必要なのが、売掛債権です。

売掛債権とは、企業活動によるサービス・商品の売上代金のうち、まだ受け取れていない代金を請求できる権利のことです。

 

現金取引は手間やコストがかかるため、企業間の取引においては、「売掛金」という債権を手に入れる「掛取引」で行われるのが一般的です。

売掛金は、現金になるまである程度の時間がかかりますが、企業活動を行う中では、仕入代金や営業費用など、日々さまざまな支払いが生じます。

 

実際には売り上げが順調に上がっていても、現金が入らなければ会社の運転資金が足りなくなり、事業の運営が苦しくなる可能性があるのです。

 

そこでよく利用されているのが、ファクタリングというサービスです。

ファクタリングを利用するには手数料を支払う必要がありますが、売掛金の入金を待たずに現金を手に入れることができるという大きなメリットがあります。

 

また、「すぐに現金が必要なのに、銀行融資を断られてしまった」「急に高額の支出が生じた」などの場合には、ファクタリングが有効な手段といえるでしょう。

 

2 ファクタリングの仕組み

ファクタリングは大きく分けて2種類の契約方法があります。

それは、2社間取引と3社間取引です。

この2つの大きな違いは、「売掛先にファクタリングの利用を知らせるか・利用を知らせないか」という点になります。

 

それぞれのメリット・デメリットを踏まえ、説明していきます。

 

・2社間取引とは

 2社間取引の流れは以下になります。

①売掛先に物やサービスを提供します

②売掛先に代金を請求します

③ファクタリング会社と債権譲渡契約を結びます

④ファクタリング会社から買取金額が入金され、資金調達が完了します

⑤支払い期日に売掛先からファクタリングを利用している会社に入金されます

⑥入金された売掛金をファクタリング会社に入金します

 

2社間取引の最大のメリットは、「ファクタリングを利用していることを売掛先に知られない」という点になります。

世界的には、ファクタリングを利用することはおかしいことではなく、一般的な企業活動方法の1つですが、日本ではまだ「売掛債権の譲渡=経営が厳しい」と思われる方も少なくありません。

 

もし、ファクタリングを利用していることを売掛先に知られてしまい、信用不安によって今後の取引に影響が出てしまっては、良くないですよね。

 

しかし、2社間取引は、ファクタリングを利用する会社とファクタリング会社の2社間で契約が完了します。

そのため、売掛先に売掛債権を譲渡したことを知られることはありません。

 

また、2社間取引の場合は売掛先への通知が不要ですので、売掛先へ説明に行って、債権譲渡の同意を得る必要がありません。

手間が生じない分、最短即日での資金調達が可能になります。

2社間取引のデメリットとして、後に説明する3社間取引と比較して、ファクタリング手数料が高いという点があります。

しかし、売掛先に知られずに取引をしたい、すぐに資金調達をしたいという方には、おすすめできる取引方法になります。

 

・3社間取引とは

 3社間取引の流れは以下になります。

①売掛先に物やサービスを提供します

②売掛先に代金を請求します

③ファクタリングの利用に際して、売掛先に債権譲渡の同意を得ます

④ファクタリング会社と債権譲渡契約を結びます

⑤ファクタリング会社から買取金額が入金され、資金調達が完了します

⑥支払期日に売掛先からファクタリング会社へ直接入金されます

 

3社間取引の最大のメリットは、「安い手数料で利用できる」という点になります。

3社間取引は、売掛先に債権を譲渡することを通知し、同意を得る必要があるため手間はかかりますが、最終的にファクタリング会社の口座に直接入金されるため、未回収のリスクが2社間取引に比べると低くなります。

 

しかし、売掛先から債権譲渡をする同意を得る必要があるため、2社間取引と比較すると資金調達までに日数がかかります。

それでも、なるべく手数料を抑えてファクタリングを利用したいということであれば、おすすめできる取引方法になります。

 

・2社間取引と3社間取引の違いは3つ

2社間取引と3社間取引の大きな違いを、下の表にまとめました。

ファクタリングを検討している方は、参考にしてみてください。

2社間取引 3社間取引
売掛先 利用は知られない 同意を得るので利用を知られる
手数料 高い(10.0%~30.0%) 安い(1.0%~9.0%)
利用度 比較的利用者は多い 利用者は少ない

 

売掛先に知られずに即日資金調達したいということであれば2社間取引、できるだけ手数料を抑えて資金調達したいということであれば3社間取引がおすすめです。

ファクタリングの利用を検討されている方は、どちらの取引方法が良いか、一度ファクタリング会社に相談してみてはいかがでしょうか。

 

3 ファクタリングの歴史は長い

 ファクタリングは日本ではまだあまり知られていませんが、世界的には長い歴史があります。

どのような経緯でファクタリングは誕生し、いつごろ日本にやってきたのでしょうか。

・ファクタリングの発祥

ファクタリングの原型はイギリスが起源とされていて、14世紀もしくは16世紀に誕生したと言われています。

しかし、実際に今の形で運用されるようになったのは、19世紀末のアメリカが最初だとされています。

 

19世紀末のアメリカといえば高度成長期真っ盛りで、モルガンやロックフェラー、カーネギーといった大富豪を生んだ時代です。

いつの時代も同じで、この時代も多くの起業家を悩ませていたのが、資金調達の課題でした。

 

そこで、支払日を前倒しして資金を回収できるファクタリングは、画期的な資金調達方法の1つであるとアメリカですぐに評判になり、高度経済成長の後押しをしたのです。

100年以上の歴史があり、認知度も高いアメリカでは、日本の5倍から10倍以上の市場規模があると言われています。

 

・日本では手形取引が主流だった

一方、日本では1970年代初頭に登場しました。

当初は一部の事業者で認知されるに留まり、あまり広まりませんでした。

理由として、第一勧業銀行などの都市銀行系子会社による手形取引や手形割引が一般的に行われていたことが挙げられます。

 

そのため、ファクタリングの認知度は向上しませんでした。

※手形取引・手形割引とは

 約束手形を簡単に説明すると、「〇日に××円支払います」という約束を証明する有価証券です。売掛金との大きな違いは、その発行元です。売掛金は各自企業が発行した用紙であるのに対し、約束手形は銀行が発行する統一手形用紙に記載されます。

 手形割引とは、この約束手形を早期現金化することです。手形割引を取り扱っているのは、銀行などの金融機関や手形割引業者で、いずれの場合も手形割引料を支払って手形の現金化をします。日本では、すでに手形割引が一般的に行われていたため、ファクタリングがなかなか広まらなかったのです。

 

・日本によるファクタリングの拡大

その後ファクタリングが日本で普及するようになったのは、バブル崩壊以降の手形取引の衰退が主な理由です。

その結果、手形割引の代わりに売掛金を現金化することのできるファクタリングに、多くの企業が関心を示すようになりました。

 

近年、経済産業省中小企業庁が売掛債権の積極的な流動化へ取り組みをしています。

債権譲渡禁止特約の規制解除を呼びかけたり、資金調達の手段としてファクタリングが正当な手段であることを周知したりと、政府がファクタリングの利用を推進しています。

売掛債権の利用促進について(経済産業省中小企業庁)

 

4 ファクタリングのメリット・デメリット

メリット

・最短即日のスピード調達

ファクタリングの最大のメリットは、調達スピードです。

必要な書類がすぐに揃えば、申し込みしたその日のうちに審査、契約、入金までが可能です。急ぎの支払いがある場合の資金調達に適しています。

 

・審査に通りやすい

ファクタリングの審査は、銀行の融資の場合とは見られるポイントが異なります。

具体的には、ファクタリングを利用する会社の経営状況ではなく、売掛先の会社の信用力が重視されます。

つまり、売掛先の安定性を説明できれば、多少の赤字や税金滞納等があっても利用することができます。

 

とはいっても、あまりに滞納額が多く、過去に金銭事故を数回起こした経験がある場合は、審査に通りにくかったり手数料が高くなる可能性があるので、注意が必要です。

 

・保証人・担保が不要

融資では、債務者が返済できなくなった場合に備えて、保証人や担保を要する場合があります。

しかし、ファクタリングは融資ではなく売掛金を売買する取引であるため、保証人や担保は一切必要ありません。

 

・回収義務がない

万が一、売掛先の倒産等で債権の回収が不可能となった場合でも、ファクタリングを利用している会社に回収や返済の義務はありません

これは償還請求権(リコース)が適用されないためで、業界ではノンリコースと呼ばれています。

売掛先の倒産リスクを回避できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

※償還請求権とは

 償還請求権(リコース)とは、売掛先の倒産などにより金銭を回収できなかった場合、ファクタリングを利用している会社などに、その分の金銭の返還を求めることが出来る権利のことです。日本では、償還請求権なしのファクタリングが一般的であるため、ファクタリングを利用中に、万が一売掛先が倒産してしまったとしても、ファクタリングを利用している会社が金銭を求められることはありません

 

・信用情報に影響しない

万が一、売掛先の倒産等で債権の回収が不可能となった場合でも、ファクタリングを利用している会社に回収や返済の義務はありません。

これは償還請求権(リコース)が適用されないためで、業界ではノンリコースと呼ばれています。

 

売掛先の倒産リスクを回避できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

 

デメリット

・売掛金の範囲内でしか調達できない

ファクタリングでは、売却する売掛金以上の資金を調達できません。

売掛金がない場合や少ない場合は、他の資金調達方法もあわせて検討すべきでしょう。

 

・手数料がかかる

ファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社に「売掛金を買い取る」というリスクが発生するため、手数料が発生します。

契約方法によって異なりますが、2社間取引の場合で約10.0%~30.0%、3社間取引の場合で約1~9%手数料がかかります。

 

 デメリットというよりは、調達コストとスピードの優先順位を考える必要があると考えられます。

 

5 申し込みから契約までの流れ

2社間取引の場合と3社間取引の場合では流れが少し異なりますが、ここでは大まかな流れについてご説明します。

詳しくは、ファクタリング会社にお問い合わせください。

 

①申し込み・簡単なヒアリング

申し込みの際には、資金調達を急いでいたとしても、各社の評判や強み、手数料をしっかり確認するようにしましょう。

複数のファクタリング会社に見積もりを依頼して、条件や対応スピードを比べてみても良いと思います。

 

ファクタリング会社によって問い合わせ方法は異なりますが、一般的に電話、またはメールでの問い合わせが多いようです。

また、最初の問い合わせでは、以下の内容を聞かれることが多いようですので参考にしてみてください。

・会社名

・業種

・買取希望金額

・売掛金額

・売掛先会社名

・希望入金日

・資金使途

他に疑問や不安に思うことがあれば、最初の申し込み時点で聞いておいた方が良いでしょう。

 

②資料提出

必要書類は、一般的な銀行融資のものとは異なります。

ファクタリング会社によって違いはありますが、以下の資料の提出を求められることが多いようです。

・売掛金証明書類(請求書など)

・通帳のコピー

・税金・社会保険関係書類

・過去の決算書

・身分証明書

 

ファクタリング会社が最も重視する資料は、売掛金証明書類です。

ファクタリングを利用する際は、契約書や発注書、請求書など、売掛金があることを証明できる書類が必要になります。

 

また、税金・社会保険関係書類や過去の決算書について提出を求められることもありますが、多少の滞納や赤字があっても問題はありません。

ファクタリングの審査において最も重要視されるのは売掛先の信用情報ですので、ご安心ください。

 

必要書類の提出方法は主に、メールやFAX、郵送、もしくはファクタリング会社への持参という方法が一般的です。

 

③審査

もちろん審査はありますが、ビジネスローン、銀行融資の審査に比べるとハードルは低いです。

理由としては、ファクタリングは融資ではないため、ファクタリングを利用する会社の返済能力があまり重要ではないことが挙げられます。

 

また、返済期間が融資と比較して短いことも、審査に通過しやすい要因の1つといえます。

ファクタリング会社によって審査時間に差はありますが、即日〜3営業日以内には審査が完了します。

 

④契約

審査に通過し、提示された買取金額に同意後契約となります。

2社間取引では、申込者とファクタリング会社間で契約に至ります。

3社間取引では、申込者とファクタリング会社に売掛先を交えた3社間での契約になります。

 

内容に目を通して署名・捺印するだけですが、印鑑証明書類の手配に手間取ってしまったり、郵送での手続きの場合、その書類返送にさらに時間がかかってしまうと、それだけ入金は遅くなってしまうので、スムーズに進めることが重要です。

 

⑤入金

契約の締結後にファクタリング会社より入金されます。

売掛金より手数料分を差し引いた現金が指定口座に入ります。

 

6 悪徳業者に注意

ファクタリング会社の増加に伴い、中には悪質な業者も存在します。

ここでは悪徳業者の特徴をご紹介しますので、利用する際の参考にしてみてください。

 

①オフィスでの面談がない

業者にもよりますが、ファクタリングでは基本的に面談審査があります。

特に2社間取引の場合、経営者が信頼に足る人物か等会って話さないと判断できない要素が多いからです。

 

面談を行う際の場所を、オフィスではなく、カフェなどを指定する業者には注意が必要です。

経営状況などの話をするのにカフェなどを選ぶ業者は、信頼性が低いと考えられます。

 

②契約書がない

ファクタリング契約では、必ず契約書を作成します。

契約書を作成してくれない、契約書の自社保管分を渡してくれないという業者は、後で法外な手数料を請求される可能性があります。

 

③手数料が高額である

比較的手数料が高いとされている2社間取引でも、手数料の相場は10.0%~30.0%になります。

30%を超える手数料を提示された場合には、注意が必要です。

契約前に信頼できる業者であるかどうか、確認しましょう。

 

④保証人や担保を要求される

ファクタリングは売掛債権の売買によって資金調達をするサービスです。

融資ではないので、保証人や担保は一切不要になります。

 

これらを要求してくる業者は、悪徳業者である可能性が高いと考えられます。

 

7 まとめ

給料ファクタリングの元である法人向けファクタリングとは、世界で一般的に利用されているサービスで、近年日本でも注目を集めている資金調達方法です。

企業が持つ売掛金をファクタリング会社に売却することにより、売掛金を早期資金化することができるサービスになります。

 

また、ファクタリングの最大のメリットは、その調達スピードです。

必要な書類がすぐに揃えば、申し込みしたその日のうちに審査、契約、入金までが可能です。そのため急ぎの支払いがある場合の資金調達に適しています。

 

また、借り入れ状況や税金・社会保険料の滞納などに左右されにくいという特徴があります。

審査に必要な書類は、売掛金証明書類(契約書・発注書・請求書など)、通帳のコピーなどで、書類をすぐに提出できれば即日契約をすることも可能です。

 

融資ではないため、保証人や担保は一切不要、信用情報にも影響しません

審査が非常にスピーディーであるため、急ぎ資金調達をしたい方にはおすすめのサービスといえるでしょう。

 

企業の資金調達をご希望の方は一度法人向けファクタリングの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

個人向け給料ファクタリングの利用をご検討されている方は下記ランキングより人気の給料ファクタリング業者をチェックしてみてください。

 

→給料ファクタリング業者一覧はこちら